無制限には借りられない

レディ

現実的な融資額とは

カードローンを選ぶときに誰もが着目するポイントと言えば金利と借入限度額でしょう。10万円〜500万円まで可能などと記載されている場合の借入限度額は500万円になりますが、正確に言えば借りられる金額ではなく、借入できる可能性がある金額と言えます。最高500万円のカードローンでも実際に借りられるのは100万円以内と考えておくのが妥当です。初めて借りるときは50万円以内に収まることが多く、長期の優良利用者には段階的に100万円まで増額してくれることがあります。100万円を超えて借りるのは容易ではなく、大抵は100万円以内になると考えてよいです。実際に借りられる金額は総量規制により左右する部分もあり、消費者金融の場合は他社を含めて年収の3分の1以内となります。年収が300万円なら最高で100万円、年収が600万円なら最高で200万円まで借りられる可能性があります。総量規制の範囲において返済能力を精査して融資額が決定されていくわけです。総量規制による制限がないのは銀行のカードローンですが、高額を借りられるとは限りません。一般的に銀行は借入限度額を高く設定しており、1000万円に対応したカードローンも見られます。しかし現実的には銀行の審査は消費者金融より厳格で、初回融資は30万円〜50万円くらいに落ち着くことが多いです。希望額を大きくするほど審査が厳しくなるのはすべての金融機関に言えることですから、借入限度額は目安程度に考えておきましょう。